出産後のらくな髪型はどんなのがおすすめ?

今まである程度、髪型に時間をかけてきたけど・・・

出産後は子供優先でなかなか自分の髪型に手がかけられない。

そうです。ママさんになると『時間』がさらに大事になります。

髪型においては『朝が楽で、それなりにキレイに見える』

これに勝るものはありませんよね。

 

なので今回は出産直後にオススメな

楽チンにキレイに見えるヘアスタイルを4つご紹介します。

 

 

ミディアムヘアで髪を結ぶ

楽チン度 ★★★★★
キレイ度 ★★★★

 

忙しいママさんにとって朝の時間は戦争です。特に1歳未満の乳幼児の場合はミルクとオムツ替えの互い攻撃で髪型を気にしている余裕はありません。

そんな時は髪を結んでしまうのが1番!

どれくらいの髪の長沙が理想?という質問は多いのですが、

髪質によって違ってきます。

髪がやわらかい方やくせ毛の方は、鎖骨くらいの長さで段差をつけないヘアスタイルがいいでしょう。

髪が硬い方の場合は、もう少し長めに。鎖骨下くらいが良いかと思います。もしくはボブの長さも良いです。

なぜか?

これは髪を結んだときの毛先の長さがとても重要なのです。

やわらかい髪の方は、結んだ毛先は自然になじむので特に問題はないでしょう。しかし、髪硬い方の場合は、結んだ毛先がツンツンしてしまいあまりキレイに見えません。

その場合、髪の長さでカバーするのならギリギリ結べるボブか鎖骨下の長さが良いです。
(そもそもパーマをかけてしまうのがベストですが・・・)

そして、出来るだけ髪の量は減らしましょう。ドライヤーをかける時間を短縮してより楽にするためです。

ロングヘアは髪を結んだとしても、授乳中に赤ちゃんの顔に当たってしまうこともあるので注意が必要ですし、毛先がパサついたりヘアカラーの退色で根元付近との差がついてしまい、キレイに見せるにはコテで巻くという作業が必要になります。

なのでミディアムくらいの方がちょうどいいんですよね。

また、インスタグラムなど美容師さんがアップしているヘアアレンジを参考にしてみるのも良いかと思います。

特にオススメなのは、くるりんぱと300円で購入できるヘアアクセの合わせ技!

こちらにもやり方が載っていますので参考にしてみてください。

 

 

ボブで耳にかける

楽チン度 ★★★★
キレイ度 ★★★★

永遠の定番ヘアスタイル、ボブ。別の記事では1番楽な髪型として紹介していますが、出産直後の髪型でもオススメです。

まず、ボブのヘアスタイルは髪が短い分、ドライヤーで乾かすのが早いです。これは本当に大事な要素なんですよね。

また、出産後は抜け毛が多くなります。特に顔周りやこめかみ、前髪といった部分は髪が抜けやすく、個人差はありますがかなり薄くなる方が多いんですよね。

ボブのヘアスタイルは比較的、前髪を短くしやすい。そうすることで薄くなった前髪をカバーしやすいんです。

また、ボブは朝の段階でハネてしまったり、まとまらない時にも耳にかけることで幅広くスタイリングがききます。

パーマやカラーとの組み合わせで一気にオシャレに見えるのも魅力ですね。

ショートヘアでハードワックス

楽チン度 ★★★★★
キレイ度 ★★★★

あるあるな話ですが、

『もう楽すぎて髪伸ばせませーーん!』

このパターンです。ショートヘア。確かに楽です。

ドライヤーをかける時間が不要という点で楽チン度は一人勝ちです。

しかしショートヘアにはいくつか注意点があります。

まめにカットにいける方。これですね。ショートヘアは髪が伸びたのがすぐに気になります。1ヶ月に1度カットするのが理想かと思います。

朝の寝癖対策。朝起きて髪がピョローン!なんてこともあるでしょう。
そういった場合は髪を濡らすという大変な作業が待っています。

周囲の方の反応。これはもうアレです。旦那様のですね。私自身、髪をバッサリカットさせていただく時は必ず聞きます。男の人は割と女性のショートヘアを好まない方が多いですからね。

ワックスは必ず。ショートヘアで何もしない場合の手抜き感は否めません。オススメなのはハードワックスを少量つけるスタイリング。トップもフワッとなるので、一気にオシャレに見えます。

まめにカットをすることが苦ではない方、寝癖がつきにくい髪質の方にとっては最強に楽なヘアスタイルでしょう。

 

 

長めボブ×おしゃれヘアゴム

楽チン度 ★★★★★
キレイ度 ★★★★★

私自身、現役の美容師ですがママさんにはこれをオススメすることが多いです。

長めのボブというのはえりあし付近で髪を結ぶのが容易にできる長さです。

少し前に比べて、様々なバリエーションのヘアアクセが安価で手に入るようになりました。

近年のインスタグラムでのヘアアレンジブームに加えて、インナーカラーや波ウェーブなど、ヘアアレンジを後押しするテクニックも生まれ、オシャレ=ヘアアレンジという風潮さえ感じるときもあります。

特におしゃれなヘアゴムは万能です。

出典:https://item.iqon.jp/13979382/

髪をひとつに結んで、おしゃれなヘアゴムで結んで、少しだけ崩す。

もうこれだけで充分です。

ラフな質感を追求するのであれば、全体にパーマをかけることもありです。個性を出したいのであれば、部分的にハイライトを入れたり、前髪を短く切ってみたりと、バリエーションも豊富です。

前述したミディアムよりも、個性を出しやすい長さな分、飽きたら少し変えながら楽しめるのも魅力の1つかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は出産後1〜6ヶ月のママさんに向けてご紹介しました。

4つのヘアスタイルをご紹介しましたが、ヘアカラーにおいてはどれも6〜7レベルの明るさがちょうど良いかと思います。

(伸びてきた時に黒い部分となじみやすい明度のため)

育児はとても大変です。まともに寝れないですし、時間も無くなり、気持ちに余裕も無くなります。

しかしキレイであることは女性としていつまでも追求していくべきかと思いますし、

何よりも限られた時間の中で、簡単にキレイでいられることはとても素敵なことですよね。

髪型をうま〜く手を抜いて、気持ちの余裕を作って下さい。

読んで頂きありがとうございました。