もしも10年前に戻るのなら・・・


前日にお休みを頂いたこともあり、本日はたくさんのお客様にご来店頂きとても充実した日になりました。

アリガトウゴザマイマス!!

狂気・・・。

ウィッグちゃんと入れ替わってみました。。

(今更SNOWにハマるという・・・)

 

店長がカットモデルさんを見ていました。

カットモデル。僕らの時代ももちろんありました。

今はSNSやwebからモデルさんを募集するケースが多いようで、

時代を感じますよね。

自分のときはそんなこと考えもしなかったなぁ・・・

そもそもまだスマホが一般的ではなかったですからね。。

街を歩いている人に声をかけては20%くらいの確率でモデルをやってもらえるような感じでした。

それこそ道端でカウンセリングをしたり、飲み屋で声をかけていい感じに酔った勢いでお願いをしたりで・・・

SNSで繋がる手段を知らなかった分、近距離戦でしたよ。。。

そもそも、美容室にお客様としていらっしゃる方もサロンによっては半分くらいネット予約なんてことも当たり前な時代になってきていて、

カットモデルもそうなることはとても自然なことなんですよね。。

昔はあぁだったよね!

なんてことを言うのは嫌いなので、過去を過大評価することは到底ありません。

んでも、今ってなんかちょっと変な感じだなぁと思う部分も。。

おそらく、SNSの会話の中でカウンセリングやデザインが決まっているから、

リアルな部分でなんだか関係が薄い。

失敗したくない両者の緊張感だけが感じられるような。。。

 

んでもこれって完全に美容師の責任なのかと。

髪型を変えるって楽しみなことだし、もっとお互いに楽しむべきなのではと思います。

なりたいものの一歩先を目指さないと、美容師もそのうちAIに支配されてしまいますよ。

 

もし僕がカットモデルをやるとしたら、

全員と写真を撮って、LINEで送りますね。

スタイリストになった時用に、恩返しカット無料券も渡すかも。
(また夜に切らせてもらう感じで)

デビューしたら切らせてもらった全員の写真を一気にブログにあげて、

絶対に1回は切らせてもらいます。

 

こんなことも今だからこそ言えることなんでしょうね・・・

今なおカットモデル時代に切らせて頂いた方がお客様として来続けてくれていて、

デビュー直後に嬉しくて電話かけた方が大半。

本当にありがたいです。

とやかく、これがいいアレがいい〜なんてのは言わないですが、

人と同じことをやっていてもダメですよね。そんな時代なんです。

 

今日はちょっと辛口に思ったことを。。

 

自戒も込めまして、、、

僕も頑張りますよ〜