ヘアアレンジをやる方必見☆ハイライトカラーのご紹介


こんにちは。松戸のVISAGE e-delのセノウです。

今日はヘアアレンジをやる方にバッチリな

ハイライトカラーのご紹介です。

 

まずはBefore

髪色暗めです。美容室はお久しぶりです。よく道で会うお客様です。

いつもありがとうございます。

 

ちょっと明るくしたい

ええ。夏ですからね。そうしましょう。。

ご自身の結婚式を控えているので、花嫁ヘアの時にもアクセントになるように

ハイライトを入れながらちょっとだけ明るくすることに。。

 

こちらがハイライトを入れ終わった状態です。

表面だけだと、ちょっと物足りないので・・・

 

全部入れました。。

ブリーチを使うともちろん多少のダメージは出ますが、髪質もしっかりされているので遠慮なく使わせて頂きました。

髪色の赤を飛ばしつつ、ベージュっぽさやグレージュなどなどカラーリングの表現が広がるのもいいですね。

 

この2色をMIX。アレです、名前は、フォギー・・・なんちゃら。。

 

ハワイ帰りなので

『ホノルルカラーにしますね。』と言ったら

「かぶれてますね」とおっしゃていたので

高品質なメイドインジャパンでいきましょう。

 

 

ハイライトで明るくしたベースに、のせていきます。。

 

発色タイムが緩やかなカラー剤なのでしっかりと30分置いていきます。

 

仕上がり

 

明るくなりましたね。

ハイライトで立体感もあって、かわEです。

 

ビフォアフ。。

 

ひとつ結びすると・・・

こんな感じでハイライトが出てきます。

だいたい2週間くらい経つとさらにハイライト部分が目立ってきて

アレンジすると際立つ様になります。

 

ハイライトのメリット

ハイライトは髪に立体感を出すことができます。

ボブのヘアスタイルもそうですし、動きがあるショートヘアも然り。

ミディアム〜ロングの方なんかは、前述していた通りへアレンジしたときに

良い感じの色の立体感が出やすいです。

ハイライトで明るくした髪は彩度の高い色がでやすいです。

グレージュやブルージュなどなど、寒色系強めなヘアカラーにはマストです。

 

ハイライトのデメリット

最近はブリーチを使うことが多いので、ブリーチをしたところは多少なりともダメージになりやすくなります。

パーマを頻繁にかけるロングヘアの方などは、パーマのパサつきにもつながりやすくなりますので、慎重にされた方が賢明かと。。

ツヤ系のスタイリング剤のバリエーションが増えてきているので、ブリーチとも相性が良く、パサつきは防げます。

 

なのでその辺りも含めて、わからないことがありましたらぜひぜひセノウまでご相談くださいませ。。

ご予約はこちらからどうぞ↓

ご予約はコチラからどうぞ!