な〜んも書くことがないので、最近思うこと







お休みを満喫してました。。

桜を見たり、チューリップを見たり

心が浄化されます。

 

最近、目がやばいですね。

今までPC画面で、うげげげげ!!!って感じに火花を散らしていましたが

ありがたいことにカメラのファインダーを見ることも多くなってきて

酔い?みたいな感覚を感じますね。

 

誰しもが皆だいたい、

ソーシャルな自分

プライベートな自分

完全なる殻にこもった自分

この3つを自然に使い分けていることが多いかと思います。

 

その中でもソーシャルな自分というのは

また枝分かれしていくところもあって、

その要因の大半は人間関係。

 

生きていく中で社会的な立場や年齢に応じて

ここの幅は広くなります。

 

美容師の仕事も然りで

演じている感覚

というのでしょうか?

 

例えばスタイリストになりたての時は

この感覚に近いようで遠い。

失敗したら・・・という恐怖のようなものに狩られ

小さい自分を演じてしまう。

 

だんだんと慣れてくると

自信もつきますから、大きい自分を演じられるようになる。

 

そうなると、わりとフラットな感覚で

お客様と接することが出来るようになる。

ソーシャルよりもプライベートに近い感覚。

 

よくも悪くも、

そこからの発展はとても大事で

 

お互いの人生を尊重し合えたり

顔色が違うときに一歩踏み込めることであったり

ときにはビジネスの話なんかにもつながったり

 

多い方で年に12回。

だいたい年に6回。

 

親友よりも多いかもしれませんね。

 

最近は、美容師さんに対してのコンサル的な立ち位置の仕事も

させ頂いたりしつつ、

 

自分の美容哲学とは何なんだろう?

と、考えてみたりして。。

 

卒業された方

成人された方

彼氏と別れた

結婚した

赤ちゃんが産まれた

病気になった

孫ができた

 

髪を通じて人生に寄り添っていくことは

色々ありますが、

言葉で表すと、どんな言葉でも希薄に思えてしまう。

 

だからこそ哲学なのでしょう。

 

ときには振り返ることも大切ですね。

 

 

あなたのお仕事はどうですか?