市販シャンプーと美容室シャンプーの違い







 

よくある質問なんですが、

 

市販のシャンプーと美容室のシャンプーって何が違うの?

 

この質問は本当に多いですし、皆さんも気になるかと思います。

 

わかりやすくまとめましたのでぜひご参考までに。。。

 

 

市販のシャンプー

 

洗浄成分が強い

原価が安いので、価格も安い

頭皮に負担がかかりやすい

髪もダメージしやすい

 

〓石油系の原料のシャンプーが多い

 

石油系の原料のシャンプーは裏面の成分表記にラウレス硫酸ナトリウムや、ラウリル硫酸ナトリウムなどの表記がされていることが多いです。

石油で作られているシャンプーは一般的に洗浄力がかなり強いものが多く、その分シリコン剤も多く含まれています。

髪の毛をボロボロにして、表面をがっちりコーティングしていくような感覚なので、例えばカラーの色持ちに影響したり、パーマの持ちが悪くなったりもします。

また、頭皮に対しての脱脂力が強く、頭皮に悪影響を及ぼしかねません。

 

〓原価が安い分、価格も安い

 

石油で作られているので、一説によると洗浄成分自体はトイレやキッチンに使われる洗剤とほぼ同じ成分という説もあります。

実際にとある動画で、市販のシャンプーでトイレ掃除をしている実験動画を見ましたが、かなりキレイになっていました。

 

頭皮に負担がかかりやすい

 

頭皮は顔と1枚の皮でつながっています。髪に毛で覆われているので

意識しずらいかとは思いますが、とても敏感な部分で、頭皮の状態が悪くなれば、大事なお顔にも影響が出やすくなります。

劣悪なシリコンが毛穴に付着すると、毛穴詰まりを引き起こし、お顔の皮膚もたるんだり、髪の毛自体が細くなったりもします。

 

 

髪もダメージを受けやすい

 

前述した通り、かなり強い洗浄成分で洗っていくので、もちろん髪のダメージにもつながりやすいです。

もともと、髪の毛はカラーやパーマを1回もしていない場合であれば自然の油膜で保護されている構造になっています。

髪のキューティクルが少しでも開いている状態であれば、強い洗浄力をもったシャンプーで洗うと、髪内部のタンパク質が流出しやすい状態になってしまい、毎日のシャンプーでどんどん髪が傷んでいきます。

洗浄成分が優しいシャンプーで髪をいたわりながら毎日シャンプーをすることはとても重要です。

 

 

 

 

 

美容室のシャンプー

 

洗浄成分が優しい

高級な成分を使っているので、価格が高い

カラーやパーマの持ちが良くなる

頭皮にも優しいので健康な髪が生えてきやすい

 

 

〓洗浄成分が優しい

美容室で扱っているシャンプーはシャンプーの基盤である洗浄成分にこだわっているものが多く、洗浄力が優しいシャンプーが多いです。

 

もともと、髪の毛の汚れはお湯でしっかり流すだけで7〜8割

汚れは落ちると言われています。ですから、そんなに強い洗浄成分は必要ありません。

 

美容室シャンプーで多いのが、アミノ酸を界面活性剤として使っているシャンプーです。アミノ酸は髪の毛と同じ成分ですから、洗ってもダメージにつながりにくいです。

 

他にも比較的安価な石油系の界面活性剤、石けん系の界面活性剤などがあります。カラーやパーマなど1度でもされている方は、アミノ酸系のシャンプーがオススメです。

 

 

〓高級な成分を使っているので、価格が高い

アミノ酸系のシャンプーは原料が高くなるので、それに伴って価格も高くなります。

また、シリコンと呼ばれる成分にも質の差があり、例えば、安価なシリコン剤であれば頭皮や髪に対して蓄積しやすいなどの特徴があります。

何でもそうですが、値段がた高いからその分良いというのはシャンプーにも言えることです。

 

 

 

カラーやパーマの持ちが良くなる

 

髪の毛をキレイに保つにはトリートメントが重要。

そういった認識が一般的には強いですが、実際は使うシャンプーの方が重要です。

特に、カラーやパーマをしてある髪に対して、シャンプーはすごく重要で、カラーの退色具合が違ってきたり、パーマもキレイなウェーブが保持しやすくなります。

また、カラーやパーマは薬剤を使用してキューティクルを開いているので、洗浄成分によって内部たんぱく質の流出具合もかなり差が出てきます。

 

 

頭皮にも優しいので健康な髪が生えてきやすい

 

特に、アミノ酸シャンプーは頭皮に対しての刺激も少なく、洗い上がりもマイルドです。

質の悪いシリコン剤が含まれているシャンプーだと、頭皮にシリコンが付着してかゆみを引き起こしたり、ひどい場合は炎症を引き起こしたりもします。

石けん系のシャンプーはほぼノンシリコンが多いので、頭皮に対しての負担は少ないのですが、脱脂力が強いものが多いので、乾燥しやすい頭皮の場合は細かいフケが出たりもするので、注意が必要です。

 

 

 

〓ちなみにノンシリコンて実際良いの?

 

ノンシリコンシャンプーと呼ばれるものが数年前から激増しておりますが、ノンシリコンシャンプーほ文字通りシリコンが入っていないシャンプーです。

 

ノンシリコンシャンプーを一言で表現すると

 

頭皮にはまあ良いけど、髪はバサバサ

 

美容室で扱っているシャンプーにもシリコン剤は入っていますし、シリコンは悪いものではありません。

 

ただ、シリコンにもいろいろな種類があって、質の良いシリコンであれば頭皮や髪に対して蓄積されずらいので、問題ないのです。

 

今、現在ドラッグストアっで販売されているノンシリコンシャンプーは石油系の洗浄剤のものがほとんどかと思います。

 

シャンプーはノンシリコンだけど、セットで売られているトリートメントは質の悪いシリコンがベタベタ

 

こんな感じが多いのではないでしょうか?

 

ノンシリコンが髪に合わない場合は、髪の毛が広がりやすくなったり、逆にノンシリコンが合う髪質の場合はフワっとした立ち上がりがついたり、

 

要は自分にあったシャンプーであればノンシリコンでもシリコン入りでも良いと思います。

(洗浄成分はアミノ酸をオススメしますが。。。)

 

 

 

 

ぜひご参考までに。。。