他店でパーマかけて失敗した髪を復活オペ。。。







 

お客様スタイル紹介です。

 

こちら、いつも来て頂いているお客様。

 

先日どうしてもスケジュールが合わず、他の美容室でパーマをかけたとのことで、来てみてみたら・・・

 

 

    

 

これは・・・あちゃーーーですね。。。

 

毛先が猛烈にダメージして、カラーの退色も進んでヒドイことに。。。

 

 

このような現象はおそらく、

パーマをかけたときに薬剤のパワーが強すぎたり、

巻き方がおかしかったり、

巻くロッドが細すぎたりするとこういった現象になります。。。

 

 

 

 

 

もはや手術です。。。

 

 

こういったときは特に気合が入りますね!

 

なんとかしてあげたい!

 

ってことで、急遽、トリートメント効果抜群のパーマ落としと、ハイライトをいれた立体カラーで女子からの支持率トップ5に入り込むようなさわやかイケメン風にチェンジしていきましょう。

 

 

いざっ!!!!

 

 

 

 

そして完成。。。

(過程はかなり端折ってますw)

 

 

 

 

 

 

ジャジャン!!!

 

 

 

 

        

 

あ”ーーー、いいですねー。

 

さわやかです。SAWAYAKA!です。

 

○代目あたりにいそうな感じの髪型。。。

 

 

パーマで失敗したことある方はめちゃ多い事実。

 

 

今回、他のお店でパーマをかけたときにオーダーしたのが

 

「ゆるふわな感じで。」

 

とお願いしたそう。

でも意外にこういった曖昧ワードは人によって感覚が違うので、要注意なんですよね。

 

僕はパーマのスタイルはほぼ100%ヘアカタなどでカールのイメージを共有するようにしています。

 

感覚って人によって全然違いますからね。

 

もし、初めて行く美容室で、

 

「あーわかりましたー。そんな感じでかけますね〜。」

 

なんてノリでパーマをかけてくる美容師さんがいたら、しっかりとヘアカタログでイメージを共有することをオススメします。

 

 

 

 

カラーは治せるが、パーマは?

 

強くかけたパーマをゆるくしたり逆にもうちょっと強くしたかったり、、、

 

パーマってカラー以上に細かいニュアンスが求められる技術かと思うんですよね。

カラーの修正はすぐにできます。

でもパーマの修正ってけっこうハイリスクな部分もあるので、そういったところでもパーマは1発で決めていかなければいけないし、自分もそうでありたいなあと。。。

 

今回はたまたまショートだったので、簡単に直せましたが、これがロングだったりするとまた難しいですしね。。。

 

 

 

皆様、パーマは特に、信頼のおける美容室でかけることをオススメします。。。

 

こんな感じもぜひご参考までに☺︎