黒染めからの、脱出方法

 

 

 

 

 

超絶に透明感のあるミルキーアッシュ。

 

 

こちらのお客様、、、

 

 

もともと明るかった髪色を黒染め近くの状態までトーンダウンをしていまして、

 

他店で明るくしたのですが、、、

 

 

赤みが強く出てしまう典型パターン

 

極端なトーンダウンや黒染めをした髪を明るくするときに、ほぼどんな髪も赤系が強くでてしまうというリスクがあります。

 

これは、もともと黒っぽさやこげ茶色に強く含まれている赤みが原因で、これが髪の中にしっかりと入り込んでしまうんです。

 

 

「アッシュ系で明るくしたい」

 

 

こんなオーダーは超多いのですが、美容師さんは大体、

 

 

 

『黒染めをしているから厳しい』

 

『ブリーチしないとアッシュはキレイに出ません』

 

 

 

という風な感じが多いと思います。

 

 

じゃあブリーチで。。。(うわーマジか。。。髪傷むわ。。。)心の声

 

 

そもそもブリーチをするってことは相当な覚悟が必要だと僕は思います。

 

ブリーチをした部分は、とてつもなくダメージを負うわけですから、

髪の根元の部分をうかつにしブリーチした日には、

 

 

あと何年その部分と付き合うのか???

 

 

それくらいの覚悟が必要だと思います。

(ショートヘアやグラデーションカラーは別として。。。)




 

じゃあどうする?脱、黒染めハイトーンアッシュ

 

 

個人的には、ライトナーというブリーチ手前のカラー剤を使って2度染めてしまうのが1番だと思います。

 

2度染めるというのは、その日に2回カラーをしてしまうということ。

 

 

①しっかりと前処理を施し、ライトナーで色素を抜く。

 

②なるべく濃いめのアッシュをウェット状態で入れ込む。

 

 

 

これで、赤みはかなり消えて、やや明るめくらいのアッシュになります。

 

そう、やや明るめのアッシュになるので、

 

「えっ?もっと明るめが良かったんだけど。。。」

 

 

こういう風に思うかもしれませんが、その後1ヶ月後にもう1度同じようにカラーをしてあげることで、希望の色味までもっていくことができます。

 

 

ブリーチ→色味満足→1年間超ダメージヘア

 

 

ライトナー×2→色味まあ満足ダメージ最小限

 

 

 

この差が大きいんです。

 

 

(最終的な完成系の目安はコレです)

 

 

ぜひ、カラーのご参考までに。。。

 

 

8月&9月お休み表

がお休み、が遅番です(^^)

 

LINE@予約はコチラ

ホットペッパー予約はコチラ

VISAGE e-del ブログ