ヘアカラーの色の種類って?







皆様、サロンでヘアカラーをするときに、どんな色味があるのかって意外に知らないことが多いですよね?

サロンに来て、美容師さんと「今日どんな色にしましょうか?」なんて話をしたときに、

 

「とりあえず今よりも少し暗くしようかなあ」とか、

 

「赤っぽいのは嫌だなあ」などなど、

 

イメージはあると思うのですが、いざ実際どんな色が良いのか?ってなったときに

色の種類とか似合う色とかってわかんないし・・・ってなること、けっこうあると思うんですよね。

 

今回はカラーの色味の種類をざっくりご紹介したいと思います。

 

〜目次〜

ベージュ系

ブラウン系

カッパー系

バイオレット系

マット系

アッシュ系

グレイ系

 

やわらかい質感が魅力のベージュ系カラー

 

ベージュ系のカラーはイメージ的にはくすんだ黄色のような色味です。

髪の毛の質感は色によって見え方が変わりますが、ベージュ系の色味はとても

やわらかい髪質に見えるのが魅力。

ただし、もともと髪色が黄色っぽくなりやすい方は退色した時に、黄色が強調

されるので注意が必要です。

 

 

色持ちが良く、艶っぽくみえやすいブラウン系

ブラウン系のカラーはもともとの髪の色素に近い色味になるので、明度を

コントロールするのに向いています。赤みと黄色味がほどよく入っているので

色持ちが良いのですが、逆に彩度は落ちるので、悪くいえば普通の色になります。

秋冬のツヤ重視カラーにはピッタリです。

 

実は色が抜けやすいがダメージが目立たないカッパー系

総じて、皆様嫌う方が多い赤系のカラーですが、実際染めると髪がキレイに

見えるのは間違いないカラーだと思います。

赤系のカラーは実はとても色が抜けやすいです。粒子も大きいので、発色まで

時間がかかり、発色したかな?で洗ってみると、表面にくっついてたんだなあ

パターンもある色味です。

ハマる方にはとてもハマる魅惑のカラー。

 

 

 

究極のツヤ感。バイオレット系

 

バイオレットというと、皆さん大阪のおばちゃんみたいになるんじゃ?なんて

構える方が多いかと思いますが、ベースの色がそこまで明るくなければそんなことにはなりません。

むしろ、黄色味の補色ですから、髪が艶っぽく見える美髪カラーNO.1です。

カラーの染まりムラも比較的直りやすいので、かなり重宝する色味になって

います。

バイオレットは暖色系で、もともとの赤みが出やすい方は退色後に赤くなりやすいので要注意です。

 

 

いわゆるくり色。赤みを抑えるマット系

マット系。名前は聞いたことあるけど、実際どんな色?

わかりやすく言うと緑色です。

緑!?なんて思う方も多いかと思いますが、実際は髪の赤色を消してくれるので

ちょっとクリーミーな色味を出しやすいようなカラーです。

最近の外国人さん風カラーに使ったりもします。

 

 

 

これにすればまあハズさない。王道アッシュ系

永遠の人気カラーのアッシュ系。でも実際のところ半分以上の方が、

アッシュってどんな色なの???

これが本音かと思います。一言にアッシュと言っても、様々な色があって、

青っぽいアッシュ、水色っぽいアッシュ、灰色っぽいアッシュなどなど。

要は、どんな感じに髪色をくすませたいかによって使い分けます。

ただ、アッシュ系は総じて髪色が抜けやすいので、長く色味を維持するには

それなりの努力が必要ですね。

 

 

無彩色のカラー。グレイ系

最近モノトーン系とも言われて注目されているグレイ系カラー。

名前の通り灰色っぽい感じのカラーです。

アッシュよりはやわらかく、でも外人さんぽい感じに憧れる。。。

そんな方にオススメなカラーです。

 

 

 

結局は染める前の状態が大事

 

これにつきます。髪の状態は相当なケアをしていない限り、2ヶ月経てば

かなり複雑なコンディションになってくるので、

綺麗なカラーは鏡越しよりも横から見た時に差が出る。

ここに至ってきます。

 

カラー剤もいろいろな種類があるのですが、こだわって混ぜ過ぎても

なんかよくわからない色になっちゃうことのが多いんですよね。

僕は混ぜても2色で、できるだけカラー剤の性能を落とさないように心がけて

います。その方が発色もキレイですしね。

 

 

カラーの上手い美容室って???

 

カラーの上手い条件として大前提なのは、

希望のカラーに限りなく近く染めてくれること

だと思います。

ただし、髪の明度や彩度、ダメージ具合によって薬を細かく選定したり、

前処理剤と呼ばれるプレトリートメントを付けてくれたり、

そんな感じでこだわってカラーをする方

圧倒的にダメージレス&色持ちが良い

ということになります。

この色ならブリーチしてなんちゃら〜・・・ハイ!この色キレイでしょ!」

こんな感じでも結果ダメージしてしまったらガッカリですよね。。。

(ブリーチを否定するわけではありませんが・・・)

 

それよりも、

期間を設けて、回数でよりダメージレスに求める髪色に変えていく。

結果的になりたかった色が長持ちする。。。髪がキレイなまま

こんな感じの方が結果的に良いかなあと思います。

 

せっかく染めるのなら、上手なカラーの方が良いですからね!

ご参考までに。。。

 

 

 

こちらもご参考下さい。

 

○ヘアカラーの色の種類って何があるの???

○パーマの種類が色々ありすぎてわからない方へ。。。

○美容室に行く前にしておきたいこと。。。

○ホームカラーとサロンカラーのメリット、デメリット

○髪のダメージの原因一覧