なんとなく考えてることって指先から伝わると感じた。







美容室は基本的に土日よりも平日の方がゆっくりしていることが多いです。

僕も、恥ずかしながら平日は予約が入らないときもあります。そんなときって、

「あぁ・・今日はゆっくりだな・・・」

なんて思ってしまいがちですが、なるべく自分の中で、そんな時はゆっくりしている自分に何が出来るか?と問いつつ、一人ひとりの大事なお客様を担当させて頂くことが多いのですが、

そんな中で最近すごく大事に思うのが、シャンプーなんですよね。

 

 

今日来てくださるお客様は全部自分でシャンプーをして、一生懸命にシャンプーをしよう。

朝の段階で、そう決めて全てのお客様のシャンプーを自分で一生懸命に洗ってみる。

そうすると、なんかお客様から思いがけない言葉が返ってきたりするんですよね。

 

「今日のシャンプー魂こもってますね」

「今までで1番気持ちいいシャンプーだった」

 

実際、今日がそうでした。

 

 

うわぁ・・・自分ダメじゃん・・・

 

反省です。

そういえば今まで自分は何を考えながらシャンプーをしていたのか。

 

次のお客様何時に来るか?

今日はあれもやらないと、これも・・・。

みんなに仕事ふらないとな・・・。

 

 

そういうのって指先から全て伝わるんだなぁと。

本気で今洗っているお客様に気持ちいいシャンプーをする!と決めて、それしか考えずに洗う。

そうすると、指先から伝わるんですよね。

シャンプーする時間を長くしたわけではないですし、手の動きも同じ。ただ気持ちだけで、感じ方が違う。

心が込もるってそういうことなんですね。

 

美容室にいる時間の中で、正直、カットやカラーの塗り、パーマの巻きなんかはお客様からしたら苦痛でしかないと思っていて、唯一の癒しの時間はシャンプーやマッサージなんですよね。

僕の理想は常に、技術の部分は最高のクオリティでできるだけ速く、そしてその分の時間をシャンプーやマッサージに費やしてあげたい。

カットとカラーで2時間なら、その中でいかにリラックスして自分の中でのリセットできる時間を提供したいと思っています。

 

 

常に思う、自分で全部やりたい

 

美容師さんならおそらく誰しもこういった気持ちがあるかと思います。

でも、立場上、アシスタントの子に成長してもらいたい、学びを経て立派なスタイリストになってほしい。

と思う部分と、

なるべく全てのお客様にご希望通りの時間のご案内をしたい。

という思いから、シャンプーを含めた全ての施述を自分でさせて頂くことは難しいです。

でも、

メシ食う暇あるんなら、自分でシャンプーをさせて頂く。1人でも多く。

 

正直そんな気概ではあります。

そんな美容師のがイケてますよね。偉ぶって、アシスタントにシャンプーしといて〜なんてスタンスの美容師にはなりたくないと。

 

自分のシャンプーが1番だと思う。

 

美容師でいる限り、心の底ではその気持ちは持ちつづけていきたいです。

(でもうちのアシスタントの子達も上手ですよw)

 

 

結局当たり前になったらいかんのですね。

 

どんな仕事も、

成長は毎日の小さな意識の積み重ねでしかないんだなぁと

 

頑張ります。頑張ろう。。。

 

 

暑くるしい記事ですみませんw

 

 

たまにはこんな本音も。

 

 

 

予約する

予約TEL: 0473695391