ぶっちゃけ勉強会で学ぶことってただの平均点です







今日の夜は社内の若手スタイリストの

ブランディング勉強会でした。

テーマは、

美容師としての個人ブランディング。
 

業界問わず叫ばれているテーマですよね。

自分の、ウリ。
 

ペルソナを明確に…

分野を絞って…

これが成功例だ!

って感じで。。
 

納得して聞いちゃうけど、

見えないところに本当に大事なことがあるんですよね。
 

表面で聞いて、あぁそうか!やってみようかな〜くらいな感じでは何も結果には表れないでしょう。

パワポ資料写メって、1週間後に見返して、

何だったっけこれまぁいっか〜

みたいなノリ。。
 

正直あるあるなのでは?と。。

それならば最初から心で聞いておく方がいい。

成功例の人は、成功者なんだけど。。

後にフォーカスされるのって、そのノウハウだけであって、

成功に1番必要であるのは、

情熱。
 

そこにはスポットを当てられないことが多いですよね。
 
先駆者は皆、寝る間も惜しんで好きなモノに没頭し、追求し、それを表現した結果、評価や共感を得て、地位や財を得るもの。
 
僕は1番それを伝えたかったですね。
 

勉強会という時間の中でも行動したいが為に

無駄な時間と感じてしまう。
 

それが故、大事な時間めいいっぱい学ぼう。

それくらいの価値観がこれからの時代には必要なんじゃないでしょうか?
 

講習が無駄なのではなく、

平均点を知り、自分らしさを開拓していってほしいですね。
 

僕も本気でチャレンジしていきます。