大人になってから行くスポッチャ。


こんにちは。

もうすぐ4歳になろうとしている怪獣娘の父です。

そうなんです。もうすぐ4歳ともなると、身に余るエネルギーを夜までに発散させなくては、睡眠というお互いの安息の境地に導くことが出来ません。

日中は闘いなのです。

そんなわけで、今日も闘いの場へやってきました。

スポッチャです。皆さんもご存知のスポッチャ。

今日はここでエネルギー発散です。

まずはボールプールという、大人にとっては足を取られて捻挫するリスクがあるデンジャラスゾーンにてウォーミングアップ。

 

そして空気がたっぷり入った滑り台へ移動。

上にいる動物達が

「パパ大変だね〜ガンバッテーー」

と無責任な表情で僕を見下ろしています。

1番右のネコに関しては、もはや何も興味がないような表情で遠くの一点を見つめています。

 

長〜い滑り台も。

なんでしょうね。。。

子供というのは本当に滑り台が大好きなのです。滑っては登り、また滑っては登りとエンドレスにこなさなくてはなりません。

日々運動不足の30歳にとってはなかなか足腰にくるのです。

 

 

なので、こういった感じに遊べるのが理想ですね。

(効率の良い滑り台の遊び方 妄想)

 

そんなどうでもよい妄想をしながら遊んでいると何やら上の方から、

シュー!!ポン!!シュー!!ポン!!

と空気の漏れる音が聞こえてきますね。

 

ボールシューティングです。

柔らかいボールをガスの空気砲で撃ち合うという何とも面白そうな遊び。さっそくやってみます。

娘に容赦なく撃ち込みます。ガトリング砲。

こういう遊びはいつだって本気です。でやーーーーー

 

 

ぐあっ!!???

娘の狙い澄ました一発が僕のメガネに命中。

本気で当てられました。

悔しい・・・がしかし、これは才能かもしれない・・・

弓道でもやらせてみようか・・・とまたまた変な妄想をしてしまう親バカあるある。

(子を持つ親あるあるですね・・・)

 

んでも、やっぱり1番のお気に入りはこの長〜い滑り台のようでして、何回も遊んでいました。

1時間30分、全力で遊んだらさすがにお互いにヘトヘト。

んでも、4月から幼稚園に行くようになるので、平日休みの身としてはこうして昼間に遊んであげられる時間が限られてくるんですよね。

なので今のうちにいっぱい遊んであげようと、最近は頑張っています。

成長が楽しみな反面、どこかに寂しさも覚えつつある今日この頃。

仕事も遊びも何でも全力でやって自慢のパパになりたいですね。

 

最後に・・・

とりあえず・・・

 

 

仕返しじゃ!!!