美容師は「毛」というものに慣れ過ぎている







営業中、お客様をご案内するときに、

セット面にのっている細かい毛。

はてまた、床に落ちている誰か知らない人の毛。

雑誌に挟まっている毛。。。

あんれまーーー


今日ふと思ったところで、

美容師って毛に対して慣れ過ぎているんですよね。

大量の毛のかたまりをみきても何とも思いません。

毛がたくさんある中でメシだって食べられる。

たまに謎に手に刺さっているときすらある。。

んでも、それは例えば美容学校に入学して初めてもらったパーマ用の人形。

アレを見たときに、おそらくほぼ全員がギョッとしたと思う。

人毛って、誰のやねん…

先生「一緒にお風呂でトリートメントしてあげて下さいねー」

おぉう…まじか…

正気の沙汰ではありません。

んでもそれも慣れちゃうんですよね。

こういうところが結果的に、お客様と美容師の感覚のズレなわけです。

髪の毛は大事に扱わないといけませんね。

切った髪も。

改めて思うところであります。