【美髪矯正】ショートヘアで縮毛矯正して失敗する原因は?




こんにちは^ ^

松戸美容室naitreのくせ毛専属美容師のセノウです。

このブログではリアルなお客様の仕上がりを解説しながら載せています。

美容師さんもクセでお困りのお客様もぜひぜひ参考にして下さい⭐︎

 

ショートヘアで縮毛矯正して失敗する原因は?

ショートヘアって、おそらくほとんどのくせ毛の方が避けて通る道なんじゃないかなーと思います。

なぜなら、髪は短いとより広がるから。

くせ毛は、日本人の方に多いのは波状毛捻転毛という2種類のクセなんですが、

波状毛に関してはショートでもいけます。

むしろ、パーマっぽくなって直毛の人よりも良い感じのショートになることが多いですね^ ^

 

では捻転毛は?

捻転毛は髪がねじれている性質なので、パサついて見えやすく、ツヤがないように見えてしまうんですよね。

なので、ショートにしたい場合、縮毛矯正しちゃった方がいいです。

その方が圧倒的にヘアスタイルが長持ちしますし、朝が本当にラク。

 

さて、ここからが本題。

 

ショートヘアで縮毛矯正して失敗しちゃう原因。

矯正の失敗の原因をあげるとキリがないのですが、

1番の原因は、

アイロンのプレスのしすぎ

これですね。

画像は僕が美髪矯正をして、自然に乾かした状態のbefore & After

ブローはしていません。手ぐしでサッと乾かしただけ。

 

でも、毛先は自然な毛流れが出ていますね。

これ縮毛矯正でなれるんです。

beforeの状態が毛先の方が強くアイロンで潰れていて、真っ直ぐ過ぎる状態でした。

これだとしっかりとくせ毛の結合を還元出来ないまま矯正をしている場合が多いので、

持ちも悪いし不自然になっちゃうんですよね。

セノウ
歯医者さんで例えると、中の治療をしっかりやらないまま無理やり蓋をしているようなものなんです

僕の美髪矯正の場合は、アイロンのプレスはほぼ無し。

施術中にお客様の頭はまったく動きません。

これはショートでもロングでも一緒。

ただ、酸性の矯正の場合はまたちょっと別ですよね。

アイロンのプレスは必要になります。

まぁでもショートの場合だったら、とことんやわらかく仕上げるので、

基本アイロンはプレスしないですね^ ^

 

まとめますと、、

ショートヘアで縮毛矯正が失敗する原因は、

薬剤のパワーが強すぎて、髪が必要以上に膨潤してしまい、

その上でアイロンの強いプレスがかかり必要以上に真っ直ぐになってしまっているから。

 

もしも、毛先がシャピーンとなって悩んでいる方がおりましたら、

修正しますのでお気軽にご連絡下さいませ(^^)

 

メニュー&料金になります☺︎↓↓↓

くせ毛カット専属美容師のメニューと料金

ご予約はこちらからどうぞ☺︎↓↓↓

ご予約空き状況(12/2 現在)