松戸でカットが上手い美容師といえば?美容室naitre(ネイトル)セノウユウタのクセ毛カットが上手い理由




こんにちは。

松戸の美容室naitre(ネイトル)のセノウユウタです。

クセ毛顧客9割以上の、クセ毛専属美容師です。

クセ毛専属美容師って?

年間1500人のクセ毛の方を担当し、朝が楽な髪型を提案し続けています。

このブログを見て頂いてのご来店のお客様がほとんどなのですが、

半分以上が失敗カットのような状態でご来店が多い・・・

 

これは美容師としてとても悲しいことです。

しつは、だいたいの方がすかれ過ぎているんです・・・

 

毛先がパサパサでまとまらない

全体的に重いし膨らむ

毛先がはねる

 

3つ当てはまる方も多いのではないでしょうか?

今回このような記事を書いているのは、実際にお客様から頂くお言葉もありますが、

1人でも多くのクセ毛の方を素敵にしたい思いがあります。

 

少しでも参考になれば幸いです。

さて、本題に入ります。

 

クセ毛の方に最適なカットとは?

僕は2020年現在、美容師歴は14年。

3年でスタイリストになり、6年目で店長に就任しました。

今思えば当時はかなり未熟でした・・笑

 

しかし、その当時から自分自身がクセ毛だったのもあり

クセ毛のカットのやり方に研究を重ねてきました。

 

クセ毛のカットで1番大事なのは

クセの収まるところでのドライカット

これが本当に大事なんです。

逆に最初に行うウェットカットは、

お客様
えっ?もう終わったの??

と言われることがほとんど。。

(ウェットカットの様子。。)

 

道具にもこだわりがあります。

かなり荒いクシを使います。

テンションといいますが、髪を引っ張る力が極力入らないものを使用しています。

 

クセ毛の要因は大きく2つに分かれていて、

シスチン結合によるもの

水素結合によるもの

 

特に水素結合はその名の通り、髪の水分量でうねりが変わるクセです。

ドライヤーで乾かすとクセが出たり、

ブローするとクセが伸びたり。。

それが水素結合による髪の収縮になります。

 

髪を自然に乾かしたときに収まるように切る

 

これがすごく大事だと思います。

細かいクシと荒いクシで実験もしていますが

やはり荒いクシの方がまとまりが良かったですね。

まるでブローするかのように、やわらかくクシでとかしながら

カットをしていくと、まとまりがよくなるんですよね。

 

クセを活かすカット

先ほどとは真逆になりますが、

ときにはクセを活かすようにカットをすることも大事になります。

こちらのお客様はカットとスタイリングのみでクセをパーマ風に活かしました。

どうでしょうか?ボリュームもかなりコンパクトに収まっていますよね?

クセ毛を活かすカットで大切なのは、量の取り方です。

専門的な言葉になりますが、

どのくらいのピッチで間引くか

どこでブロッキングを取り、ディスコネにするか

レイヤーをどの幅で入れるか

(ミドルセクションのカットが大事なんです。。)

 

最初に書いた通り、ドライカットでの施術が大事になってきます。

あと、決めてはスタイリング剤。

クセ毛の方はご自身に合ったスタイリング剤を選べていない方がかなり多いんです。

ムースひとつにしても、保湿力やセット力は千差万別です。

ちなみに、僕のクセ毛カットでは、どんな長さ、スタイルでも

2種類のスタイリング剤だけで完結します。

 

扱いずらいクセ毛から、おしゃれなパーマヘアに変わるのは

スタイリング剤が本当に大事なんです。

 

ツヤ髪を作るカットと髪質改善

僕の中で、カット=デザインを作ることだと考えています。

何cm切る。

それならロボットでも良いと考えております。

大切なのは、似合うこと、周りから褒められること。

そしてそれには、お家に帰ってからどれだけ再現出来るかどうかということ。

 

必要であれば、目指すデザインに必要な施術をご提案させて頂いております。

髪質改善は髪のうねりが気になる方がやって頂くことが多いです。

よく、髪質改善について聞かれることが多いのですが、

僕が行う髪質改善は

トリートメントの中にパーマ液が微量に入っているものを使っております。

「じゃあ髪は傷むの?」ということになりますが

カラーの色が少し抜けるくらいなんです。

それならカラーの色味をあらかじめ濃く入れておくこと、

3種類のトリートメントより

8種類の髪質改善の方が

結果、髪がキレイになるんです。

一般的なトリートメントをして1週間で取れる。

はてまた、髪質改善をして1ヶ月はツヤツヤが持続。

髪の毛に対して、本当に必要になる方法を選んで、

本当に髪がキレイになるデザインを勧めることがプロだと思っております。

 

撮影を頻繁に行っているカメラマンの顔

 

今、ホームページやホットペッパーなどのポータルサイト、SNS

など、美容師さんがヘアスタイルを発信する場は増えていて、

その中でどのサロンも撮影を行っている美容師さんがいるかと

思います。

僕自身も週に1度、青山に出勤をして

カメラマンをしています。

カメラのフィルター越しの世界は髪と人の融合がより繊細に写ります。

インスタグラム yutaseno でやっておりますのでぜひ(^^)

 

美容が好きということ

美容師さんでも色々なタイプの方がいるかと思います。

やはりカットも含めて上手な美容師さんは、

「美容が好き」

これに尽きると思います。

(八柱の21世紀の森イベントにて)

 

僕が美容師として誇れるところを唯一あげるとすると

13年間、毎朝誰よりも早くサロンに来て勉強し続けて来た

この習慣です。

13年間×365日(休みもまぁ美容のこと考える)

クセ毛のカットは、わざわざパーマかけてクセ毛風にしてから

カットの練習したり・・・笑

 

このブログをここまで読んで頂いて、

クセ毛で困っている方で、

少しでもお悩みを解決したい方は

 

ぜひこちらのクセ毛専属美容師とは?

を読んでみて頂ければと思います↓↓↓

クセ毛専属美容師とは?

 

 

セノウユウタの実際にカットしている動画がありますので、

ぜひ参考にされてみて下さいね☆